即日融資のキャッシングはこう変わる!

即日融資カードローン > 即日キャッシングの縮小化!?

即日対応で融資をしてくれるカードローンがなくなる?

 その日の申し込みで融資をしてもらえる便利な即日融資のサービスの利用が停止してしまう?銀行カードローンや融資の規制について一緒に紹介しています。

どうしても必要なシーンにも役立つ即日融資

突然のピンチにも即日融資

 急な出費や生活費が足りなくて少しだけお金が欲しいというような状況は、誰にでもありうる問題です。このような場合には、まず家族・知人・友人にお金を借りることもありますが、消費者金融にお金を借りるという方法もあります。近年では、消費者金融だけではなく銀行でも個人でお金を借りることができるようになったことから、多くの人々が利用しています。消費者金融や銀行のサービスの内容でとくに喜ばれているものが、即日融資・即日キャッシングのサービスです。

申込み当日に融資が可能な即日融資

 お金を借りたいと消費者金融や銀行に対して申し込みをした場合、必要書類を用意して、審査を受け通過してからお金を借りることが可能です。これまではこの審査が数日かかることが通常でしたが、申し込んだその日のうちに審査が終わりお金を即日借りることができるというサービスのことをいいます。このサービスができたために、急な出費でも間に合わせることができるようになったというメリットが生じました。

銀行の即日融資が不可能に?

 しかし、この即日融資・即日キャッシングのサービスを規制する方針が2018年1月から実施されることとなりました。カードローンや融資の規制が緩和されたことにより生まれた銀行ローンや即日融資のサービスというものは、非常に便利である反面、計画性のない借金へとつながり、返済できないほどの借金を抱える人が多くなるという問題を生み出しました。ひとつの消費者金融や銀行から借りることができなくなり、複数の場所から借金をするという多重債務に悩まされる人も多くなってしまったという現状です。

即日融資のサービス停止?

 また、即日融資・即日キャッシングが実施されたことにより、審査内容が甘くなり、暴力団員などといった反社会勢力が多く利用していることが判明しました。これらの問題を解決するために、即日融資のサービスの停止と銀行カードローンに新たな規制を設けるようになったのです。具体的にいうと、貸付過多を防ぐために「カードローンの融資残高」が毎月公表されるようになったほか、審査には反社会勢力かどうかを見極めるために警視庁のデータベースを照会に使うことが検討されています。一度データベースとの照会を挟むことで、必然的に審査には数日かかることが確実です。さらに、銀行や消費者金融での審査内容が厳しくなることが予測されています。

 「即日融資」を停止、銀行カードローンを縮小へ|産経ニュース 【http://www.sankei.com/economy/news/170915/ecn1709150041-n1.html】