キャッシングの貸金業法改正について

即日融資カードローン > 貸金業法改正について

即日融資カードローンの貸金業法改正と総量規制

様々な面で改善され使いやすくなったキャッシングを歴史と共に紹介

 キャッシングという言葉は今日でこそ世の中全般に広がっているでしょうが、最初に日本で始まったのは、50年以上も昔の頃であった様です。しかしこの頃と比較して改善された事は、幾つかありますので解説しましょう。

 昔から改善された事の一つ目として挙げられるのは、法律の改正です。それは2007年に改正がなされ、今からおよそ4年前の2010年に完全施行された貸金業法です。暴力的な言動や執拗な採りたてを禁止され、借り過ぎて問題になる前に総量規制という法律が導入されました。総量規制というのは、貸金業者からお金を借りる事が出来る金額は年収の3分の1に納めるという法律です。ですから、消費者金融業者から年収の3分の1を超えるお金を借りるのは、難しくなりましたが、例外があり自動車ローンや家族の高額療養費等は消費者金融業者でも前述した規制は受けないので、キャッシングは可能となります。

 二つ目に改善されたのはインターネットの普及により、自宅のインターネットに接続するパソコンや、手軽に持ち歩きが可能な携帯電話やスマートフォン等から、キャッシングをしたい金融業者のWEBサイトのトップページから申し込みから審査までが即日で行える様になった事です。

 三つ目にはイメージの問題です。昔はお金を借りる事に何処か罪悪感の様なものを感じる風潮がありましたが、現在では短期間に限りお金を借りて、後日の給料日やボーナスで返済すれば良いという風に変化してきました。キャッシングをする場合には利息分も支払わなければなりませんが、短期間であれば僅かな金額で間に合いますので、それさえ確実に返済出来れば何の問題もありません。また、場合によっては怪我や病院の治療費をキャッシングで賄う場合等は、頼もしい味方にもなります。さて、何処の金融業者から借りれば良いのかというのは、星の数程もある業者の中から信頼に値する一業者を選択するというのは悩ましい問題かも知れません。街中でタダでポケットティッシュが配布されている事がありますが、大抵は消費者金融業者のコマーシャルが印刷されています。また、テレビでもテンポの良い音楽と共に、清潔な風のタレントがコマーシャルに登場するのを見掛ける事があるでしょう。それらに名前を連ねている様な大手の消費者金融業者なら、トラブルなく即日融資も可能になります。