即日融資を受ける際の心得について

即日融資カードローン > 即日融資を受ける際の心得

即日融資カードローンの借り入れたい金額と審査について心得

即日融資カードローンの い・ろ・は を事前に知って心得よう

 お金が突然必要になるときがあります。それも一週間先とか10日先というのではなくて、明日、15万円いるんだというようなことがたまにあります。そんな時、本当に困ってしまいます。数万円ならば知人に頼み倒して借りることもできますが、10万円以上のお金をポンと貸してくれる友達はそうそういないものです。そんな時に、助けてくれるのが金融会社の即日融資カードローンであります。通常、カードローンを組む時は、その人に希望している金額を貸し出して、本当にきちんと返済するかどうかを調べることをします。これを審査といいます。基本的に、社会人として定職を持っていて、毎月確実に現金が入ってくること、他の金融機関に借金があって返済が滞ったりしていないか等を少し時間をかけて調べます。

 特に大手銀行の場合、これが極端に長いです。待たせるだけ待たせて「あいにくでございますが・・・」がなんて連絡があることは普通に起きることです。特定の銀行を除いて、多くの銀行は、ほとんど三日以上はかかります。つまり銀行では即日の融資を望む方が無理ということになります。

 そういう意味で銀行にカードローンの審査を受けに行くのは得策でなく、消費者金融を訪ねるのが正解だと言えます。それも、中小のところではなくて、TVでも大々的に宣伝している大手消費者金融のところをねらうのがいいと言われています。大手の場合、信用と評判を大切にしますので、ダメなときはすぐにダメ、OKの時は速攻で貸し出しOKが取れて、その日の間に口座に振り込まれるということが可能になります。

 そのような場合でも銀行の口座に、振り込んでもらうにしても、平日の14時までに振込みが完了しないと、その日はそのお金を引き出すことが出来なくなります。みすみすお金は手に入ったのに、明日まで使えないという悲しい出来事がちょくちょく来ています。その為にも、口座を用意しておかないと、当日中にお金を振り込んでもらうのは難しくなります。その為14:00が過ぎている場合は、自動契約機の利用をお勧めします。日本中至る所にありますし、21:00まで使えるので時間の制約なしに利用できます。それと、貸出し金額は50万円までに抑えておくことが必要です。50万円を超えると、収入証明書を提出することが必要になるからです。この書類は、用意するのに時間が必要です。